FC2ブログ

Welcome to my blog

Cuddly my home

団地に4人暮らし。心地のいい北欧モダンなお部屋を目指してます。日々の暮らし・子育てのことも。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 我が家の子供服収納ルール その3

 
こんばんは♪

本日は前回の続きを~。

以前の記事はこちからです。
↓ ↓
我が家の子供服収納ルール。その1
我が家の子供服収納ルール その2


今までの私なりにまとめたルールは以下のこちらです。

ルールその1  選びやすいように重ねず、立てて収納。
ルールその2  ハンカチは衣類と一緒に収納。
ルールその3  靴下もハンカチもすべて立てて収納。
ルールその4  トップス類は、こだわらずたたみやすいやり方で立てて収納。
ルールその5  押入れの上部は手が届きにくいので、子供用品に限らず
          普段使用頻度が低いけど取っておきたいモノの一時的置き場にする。
ルールその6  着なくなったリサイクル服や古いタオルは
          一時置き場の量を決めてため込まないようにする。
ルールその7  季節モノは、その季節によって使いやすい場所に入れ替える。
ルールその8  お出かけ用トートバッグはこのボックスに入る分だけ。

こんな感じで自分で決めた収納ルール、その8まで箇条書きにしてみました。



++++++++++++++++++


今回はこちら押入れ上段の衣装ケースについてです。
子供部屋収納 (9) 

この下の4つの衣装ケースです。

中身が透けているので雑然としています…これは何とかしたいな~と思っている点です。





子供部屋収納 (11) 
上の2つは子供たちの身長ではまだ、使いこなせることができないので主に季節ものです。

下は取り出しやすい高さなので、子供のバッグや小物類を入れています。







子供部屋収納 (7)

上段は、夏しか着ない、ハーフパンツや水着などなど、ほとんど衣替え以外は開けません。

でも、引き出しなので、衣替えがすぐできる点はとっても楽ちんです。

ボックス等にしまいこんでしまうと、何が入っているかわからなくなったり、

ついつい衣替えがめんどくさくなってしまいそうなので、引き出しは私にはとっても合っています。

ルールその9  衣替えは簡単な方法で、できるようにする。





子供部屋収納 (6) 
下段の方はこんな感じです。

左は、まだ冬バージョンなんですが・・・子供のマフラー、手袋、エコバッグなど

出掛ける時に使う小物類をまとめています。

なので、ここの引き出しで必要なもの一式そろっているので、手早く準備ができます。




右は習い事のバッグやリュックなど。

習い事毎にバッグが違う&兄弟2人分あるので、カバンの数が多いのです。

全部、吊り下げると結構な数になるので、こうやって引出しにしまっています。


ルールその10  習い事用のバッグ類は引き出しにしまう。





子供部屋収納 (12)  
衣装ケーースの上はフリースペースです。

普段は子供の入りきらない習い事バッグ(分厚い習字バッグ)を置いています。

子供の長期休みにはここにお道具箱や絵の具セットなどを置いています。



以上、長くなりましたが、子供部屋の押入れ収納ルールです。

ルールを決めるとき、動線や使い勝手を考えながら試行錯誤して考えました。




ちょっと細かいかな?もっとざっくりでもいいかな?とも思いましたが

今までのように適当だと、結局時間が経つと乱雑になってしまい、やり直しの繰り返し・・・

やってもちっともスッキリしない、よけいストレスがたまる~~~という感じでした。




今のルール決めをしてからそれがなくなり、キレイもキープできています。

それと、余裕ができたら&アイデアが浮かんだら?衣装ケースの目隠しも取り掛かりたいと思います。




にほんブログ村 トラコミュ 押入れ~クローゼットの収納へ
押入れ~クローゼットの収納

にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ 整理整頓・お片づけ♪へ
整理整頓・お片づけ♪

にほんブログ村 トラコミュ 片付けて プチストレスをなくしていくへ
片付けて プチストレスをなくしていく




本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それでは~ 


ランキングに参加しています。ポチット押して頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村
スポンサーサイト

 子供 押入れ 収納ルール

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。